相談しよう!

債務整理とは

債務整理(借金の整理)とは、サラ金・クレジットカード・住宅ローン・連帯保証人など何らかの理由で多重債務に陥ってしまった人達が、裁判上または私的にその債務(借金)を法律的に整理する事をいいます。
例えば自己破産、民事再生など。間違えていけないのは、いくつもの消費者金融から借り入れをしていて、これらを一本化するような「おまとめ」と言われている行為は債務整理とはここでは言いません。
債務整理

それは単なる借り入れです。公的なイメージで「救済センター」などと名乗り、債務を一本化する業者がいますが、何の解決にもならないので要注意です。
債務整理を仕事として行えるのは、弁護士または司法書士しかいません。なので、多重債務で困っている時にまず相談すべきは、弁護士か司法書士ということになります。

債務整理のメリット

債務整理には以下のようなメリットがあります。

@取り立てがストップ

司法書士などの法律の専門家が債務整理の依頼を受けると、司法書士により各債務者に受任通知書が送付され取り立てが禁止されます。(賃金業法21条1項9号)これによって、これまでの電話取り立てや取り立て訪問の苦痛から逃れる事が出来ます。

A債務整理の手続き

債務整理の手続きでは裁判所を通さずに、司法書士または弁護士が代理人として間に入るため、周囲に知られることなく手続きをする事が出来ます。

B返還請求

過払い金が発生していた場合、別に訴訟を起こすことなく同時に返還請求が出来ます。

C債務整理

保証人付きの借り入れを外して、他の債務だけを債務整理することが出来ます。

Dローン

住宅ローンや車のローンなどを外して、他の債務だけを債務整理することが出来ます。

E利息

債務整理後の返済には利息はかかりません。

F心配

自己破産とは異なり、債務整理では財産処分の心配が入りません。

弁護士と司法書士の違い

債務整理をするときに弁護しと司法書士ではどう違うのでしょう。一言で言うと弁護士なら扱える仕事の制限がありませんが、司法書士には裁判所に提出する書類(破産免責申立書・個人再生手続開始申立書)の作成とそのための相談業務が認められています。認定司法書士には、これに加えて140万円を超えない事件(簡易事件)についての訴訟代理、和解交渉の代理、そのための相談業務が認められています。
そのため、司法書士事務所においても、任意整理の相談のみならず、自己破産、個人再生や過払い金返還の相談を受け付けているところが多くあります。

しかしながら、認定司法書士であっても、破産免責の申し立てや、個人再生手続きの申し立ての代理権はなく、過払い金請求訴訟であっても、140万円を超える事件の代理権や上訴の提起の代理権は認められていません。
特に会社の債務整理などの大きな仕事は、弁護士にまずは相談しましょう。
個人が消費者金融会社から借り入れをして支払えなくなったなどの話であれば、司法書士に相談しましょう。

債務整理にかかる費用

債務整理にかかる費用は、どの債務整理を選択するかによって異なってきます。報酬については、弁護士事務所や司法書士事務所によっても違ってきます。分割が可能かどうかもその事務所次第です。
報酬額を知りたい方は、弁護士事務所や司法書士事務所に問い合わせてみましょう!

多重債務に苦しむ人々

現在多重債務に苦しむ人々は約200万人にのぼると言われています。それらの人は自由社会の犠牲者と言えるでしょう。利息の上限が法律で定められているのにもかかわらずそれを超えて営業をしている高金利業者は堂々と一部上場としています。
何も知らない利用者は知らぬ間に利息が大きく膨れて返しても返しても金額が減らない。多重債務に陥ってしまった原因は本人にもありますが、それだけとも言えません。

 

一人で毎日悩むばかりでは借金はどんどん膨らんでいく一方です。必ず解決方法はあります。
悩む前に、法律の手を借りてみるのもいいのではないでしょうか。

Favorite

滑り台をdiyで作る

2018/1/5 更新

copyright(C) 2008 債務整理 All Rights Reserved